ImageMagick

画像変換をいろいろやってくれるコマンド/ライブラリ。

拡大縮小

サイズは%のほかピクセル単位で指定できる。
1280x720だと、横1280px×縦720pxの 中に収まる最大の大きさにアスペクト比を保って 拡大縮小する。
1280x720^だと、横1280px×縦720pxの 範囲を埋め尽くす最小の大きさにアスペクト比を保って 拡大縮小する。
1280x720\>だと、横1280px×縦720pxの 中に収まる最大の大きさにアスペクト比を保って 縮小する(それよりも小さい画像の場合は拡大しない)。
1280x720\<だと、横1280px×縦720pxの 中に収まる最大の大きさに(?)アスペクト比を保って 拡大する(それよりも大きい画像の場合は縮小しない)。
1280x720\!だと、横1280px×縦720pxにアスペクト比を無視して拡大縮小する。

最近傍法

ドット絵をドット絵らしさを保ったまま拡大するならこれ。それ以外での使い道はあまり思い浮かばない。

$ convert input.png -sample 800% output.png

平均画素法

平均画素法(面積平均法)で拡大縮小。
イラストの拡大縮小をするとき、(よくあるバイキュービック法に比べて)主線がくっきり出るのでお気に入り。

$ convert input.png -scale 1280x720 output.png

様々な補間アルゴリズムを使う

-resizeなら様々な補間アルゴリズムを指定可能。

$ convert input.png -filter Lanczos -resize 1280x720 output.png

指定できる補間アルゴリズムの一覧は

$ convert -list filter

で取得可能。

減色処理

256色以下に減色する処理はcolorsを用いて次のように書く。

$ convert input.png -colors 256 output.png

ただし、上のような指定は文字通り「256色以下にする」だけであり、色のパレットは任意の色から選ばれる。
パレットをいわゆる「8ビット色」の256色に固定するには次のようにPNG8形式で吐く(こうするとレトロな見た目になる)。

$ convert input.png PNG8:output.png

最終更新: 2020-04-25 22:50:25 +0900

[Top]

This page is generated by sinanoki.